NEWS

新着情報

会社情報

医療保険の被保険者等記号・番号等の告知要求制限について

医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律(令和元年法律第9号)により、令和2年10月1日から保険者番号及び被保険者等記号・番号について、健康保険事業又はこれに関連する事務の遂行等の目的以外で告知を求めることを禁止する「告知要求制限」の規定が設けられました。
 
そのため、2020年10月1日から本人確認書類として健康保険証のコピーを提出していただく場合に、「記号」「番号」「保険者番号」の情報のご提供は不要になりました。審査申込時において健康保険被保険者証の写しを提出いただく場合には、保険者番号及び被保険者等記号・番号にあらかじめマスキング(紙や付箋、テープなどでで隠すこと)を施していただきますようお願いいたします。
 
【健康保険証原本をマスキングする場合】
文字が透けない素材の紙や付箋、テープなどで対象の箇所を隠してください。マスキング対象箇所が隠れなければ手や物でも問題ございません。
 
【健康保険証原本を写真撮影してから画像加工する場合】
加工方法(モザイク・塗りつぶしなど)は、特に指定はございません。